霊感を磨く

よく相談者さまに「私も先生のような能力が欲しいです。もしあらかじめ起こる事がわかっていたらつまずく事などなかったのに」などと言われる事が多いですが、私はむしろこんな能力など無ければ良かったと常々思っております。出会った時に別れがわかるなんてどれほど残酷なことでしょうか。やる事全て結果がわかってしまうのです。瞳を輝かせて夢を語る人たちを見てどれほど羨ましかったでしょうか。

この、相手の現在過去未来が映像で見えると言う能力は願って得られたものでも苦行して開花したものでもありません。以前の勉強会でお話ししたように「因子」と言う親から引き継がれたものなのです。ですので皆さまが突然に未来が見えるようになる事はありません。しかし皆さまが今持っている能力を最大限に活用する事は可能です。



何となく考えていた人から突然連絡が来る事がありませんか。虫の知らせ。これこそが皆さまに与えられている先を見据える能力なのです。これを気のせいと思わずにこの時の状況をよく思い返してみましょう。もしも同じ事がまたあったならその何となく考えていた状況に共通点がなかったでしょうか。時間帯環境等を事細かに検証してみましょう。気のせいとしてやり過ごす事がないようにしましょう。


何かを決断する時に心の中で問いかけてみましょう。「これでいいでしょうか」。何となく答えが返ってくるような気がする時がありませんか。

それはいわゆる魂側からの受信ができているからかもしれません。偶然とは思わずにそれを検証してみましょう。


また、霊と魂の交信は寝ている間に行われます。

脳がとてもリラックスした状態です。

そこでは魂側からの受信を夢として受け取る場合があります。正夢や亡くなった方からの伝言等です。

この脳のリラックスした状態を覚醒している時にも

作りだす事ができます。美しい絵画音楽風景等に触れた時です。心が昂揚し満ち足りた気分になっていきます。

こんな時にふと感じる閃き、思い出す方、場所などを今後の人生計画に役立てていきましょう。


感覚を磨く練習として、ご自分の知っている道のその先を想像して進んでいくのもいい方法です。

いつも歩いている道を思い浮かべてその先を想像してみましょう。道端の花や、お店があったらその様子を事細かに思い描いて、実際に歩いてみてその通りかを確かめてみましょう。

裏返したカードが何かを想像して表を捲るのもいいと思います。

感覚を磨いて研ぎ澄ましていく事で、決断しなければいけない時にきっと良い閃きを授けてくれるようになるはずです。

そのためにも皆様が日頃から美しいものに触れて優しく慈愛に満ちた生活を送ることができますよう願っております。


世界が幸せでありますように。


加藤眞由儒


#加藤眞由儒

閲覧数:988回2件のコメント

最新記事

すべて表示