霊について②

更新日:6月4日

もうひとつ、私がみなさまと違うと思っているところは、その方の一生が早送りの映像で一瞬の間に見える事です。これも生まれてからずっと見えていたので普通の事だと思っていました。





初めはただ見えているだけで何の意味もないと思っておりました。しかし中学生の時に友達の相談に乗っている時にその映像を使って危険を回避する事ができました。その時にこれは人さまのご相談に使えるんだと初めて認識致しました。そうして26歳の時に独立してこの鑑定事業を始めたのです。


まず映像の中から現在地点を探すのが一苦労でした。映像に年月日は記されていないので、写っている時計やカレンダー、流行りのファッション環境から見つけます。これを見つけるまで何年もかかりました。そこから過去未来を探します。私が鑑定の中で過去の事を口にする事がたまにありますが、過去を言い当て得意がっている訳ではありません。それによって現在が合っているかの確認作業なのです。また現在から見た未来は非常に不確定で何通りにも見えたりブレた映像になっています。それは相談者さまが選ぶ選択肢によって未来が変わってしまうからです。例えば私が「来年は自転車の事故に注意してください」と申し上げただけで、事故に遭う未来の映像は消えてしまうのです。ですので初めてお越しいただいた方に見える事全てを申し上げたなら、その後の人生が暴走する可能性さえあります。私が申し上げるのは見えているもののほんの数パーセントになります。


何度か鑑定を重ねて少しずつ現在から未来への幹を強く太くしていくのが私の仕事だと思っております。ただしお決めになるのは相談者さまご本人です。自己責任と言う言葉を何度も用いているのはこのためです。


あと一つ申し上げるのなら、私にとって本来お金儲けと恋愛のご相談は不得意分野です。なぜならこの世の執着を捨てて、平穏に満たされたお心で旅立っていただくと言うのが私にとっての永遠のテーマになります。お金恋愛は正反対のテーマになるからです。お金はこの世界で生きていくために必要不可欠ですが欲のために過分に蓄えようとはせず、ご自身の代で使い切る事が理想です。また恋愛に関しては初めは執着ありきであっても、それを乗り越えて一生を共にできるようなパートナーを探し育んでいただけますよう心から願っております。


#加藤眞由儒

閲覧数:1,222回2件のコメント

最新記事

すべて表示