top of page

大黒さまからの伝言

更新日:2023年2月1日

私が初めて大黒さまにお会いしたのは今から30年ほど前、今の秘書に私の仕事のお手伝いをお願いしていた頃でした。今では全国チェーン展開している定食屋さんが池袋にあり、そこに2人で向かい合い注文したご飯を待っている時、秘書の右肩に大黒さまはちょこんと乗られて私を見ながらにこにこと微笑んでいらっしゃいました。とても整った綺麗なお顔立ちでグレーの日本の着物をお召しになっていらっしゃいました。独特の形をした頭巾も、打ち出の小槌も持たずに、ましてや米俵の上に乗っていると言う事もありませんでした。ですが私は一目で大黒さまだとわかりました。おそらく心で通じ合っていたからでしょう。私は日頃から霊や神さまを見慣れているので大抵の事では驚かないのですが、その時はビックリして思わず秘書に「大黒さまが肩に乗っていらっしゃる!」と叫んでしまいました。なぜならすぐ近くで神々しい光を放ち私を真っ直ぐ見つめていらっしゃったからです。神様や霊は多くの場合ただそこに佇んでいらっしゃるだけで私には気がつきません。私は彼等の注目を引かぬよう細心の注意を払ってその場をやり過ごします。このように真っ直ぐと見つめられる事は滅多になかったからです。



私が大黒さまを初めて意識したのはそれから遡ること1年ほど前。当時私は様々な宗教の教えを学ぶべく、日本のみならず世界中の宗教を研究し、時には宗教施設を訪れたりしていました。関西にあったある施設を訪れた時に私は大黒さまと対面しました。その大黒さまは真っ黒でとてもひょうきんな風貌で米俵の上に乗っていらっしゃいました。私は思わず心で語りかけていました。「失礼ですが大黒さま、どうしてそんなに真っ黒なのでしょうか。嫌ではありませんか。」大黒さまは「私はこんなに黒くないし、不細工でもない。すごく不本意である。しかもここには集会があるとき以外は誰も来ないので暇でつまらない」とおっしゃいました。今でもその時の会話を思い出すと笑ってしまいます。大黒さまはとても親しげでジョークのお好きな神さまだと思いました。

そう言ったことがあってからの池袋での再開ですのでとても感慨深いものがありました。私は大黒さまに色々とお聞きしてみました。元はインドで活動されていた戦いの神さまでした。秘書と私が気に入ったので行動を共にしたいとの事でした。神さまや霊は肉体を持たないので、食事や美しいものに触れたりすることができません。なので肉体を持つ人間に寄り添い感触を味わいます。

勉強会で霊が退屈のあまりまた人間に生まれ変わると申し上げたのはこう言う事です。

それだけこの地球上で五感を用いて生きていくと言うのは本当に有り難く奇跡的な事なのです。


話が逸れてしまいましたが、その定食屋は今ではトップクラスのチェーン店に成長しました。大黒さまがお出ましになると言う事はやはり特別な意味があるのだと確信した出来事でした。

その後私は事あるごとに大黒さまにお尋ねしました。大黒さまは神様と申しましても俗世にはとてもお詳しく、色々な私の質問に大黒さまご自身のお考えでお答えいただきました。また大黒さまの方からお声をかけていただくことも多かったです。とても他愛のないお話もされました。それこそ今日は雨が降るから傘を持っていくようにとか、今日は旬の筍を少しだけ食べましょうといったお話しでした。今日の相談では病気の話が出てくるので、あらかじめ専門書を読んでお医者さまに導くようにと言った具体的なアドバイスをいただくこともありました。



私が思った事は、神さまと人間の間には天と地ほどの差はなく、平和を愛する心、慈しみの心は同じであると言う事。そして神さまは肉体的な繁殖機能を持たないので、人間の持っているドロドロとした欲がない事。しかしこれは人間が持っている種の保存と言うある意味宿命的なものであり、どうする事もできないのですが。

大黒さまはいつもとても品の良い上質で落ち着いた色合いの絹の着物と袴をお召しになっていらっしゃいました。しかしある時真っ白なお着物をお召しになられておりました。表情もどこか緊張されたご様子でした。それが立春の前日に当たる節分の日でした。この日は豆を撒きお祓いの儀式を行います。それはとても厳かで張りつめた空間でした。大黒さまは私たちに豆撒きをし自宅や職場を清めるように指示されました。そうして大黒さまはその様子を厳格に見守っていらっしゃいました。基本的に神様は人間の行動を見守っていらっしゃるだけで、ご自身では動かれません。たくさんの神様が一堂に会されて祈りをあげる儀式なども通常はありません。それぞれの土地をお守りになり人間の行動を見守り幸せを願っていらっしゃいます。

私たちはそれから毎年節分の義を取り計らってきましたが、ある年うっかり豆撒きを忘れてしまった時、いつもは穏やかな大黒さまに叱られました。大声を出すのではなく静かに諭されました。

大切なお清めの儀式なので決して忘れる事のないように、との事でした。

それ以来私たちは毎年欠かさず豆撒きを敢行し、立春を祝っています。



ここからは大黒さまからのご伝言です。

日本の神さまはその歴史から見ても国民の生活に根ざした親しみやすい存在です。大黒さまをはじめとした八百万の神さま達はもっとみなさまに寄り添い合いたいと願っております。

お近くの神社仏閣にお越しの際は親しみを込めてお声をかけてください。いつでも笑顔で答えていらっしゃいます。

また神さまは皆さまからどう思われているかとても気にされていらっしゃいます。鑑定の際にでも私や秘書にみなさまと神さまとのエピソードをぜひお聞かせください。

そして節分の日には日本中の人たちが一斉に国中を清めてご一緒にお祝いができますよう願っていらっしゃいます。

最近はだんだんと昔からの習慣が簡素化され、またコロナ禍も合間って集まって清めたり祝ったりと言う行事自体も少なくなってきました。

どうぞお手間でなければ来たる節分の日には簡単で結構ですので豆撒きをされてご自宅、職場等をお清めされてはいかがでしょうか。

ただし、お子様やペット等が豆等を誤飲したりしないように細心の注意を払ってくださいませ。

きっと清々しい気持ちで節目を迎えられるでしょう。

世界が平和でありますように。


(注意事項:写真の大黒さまは本文に登場する大黒さまではありません。)


閲覧数:2,076回

最新記事

すべて表示

鷲宮神社

四萬部寺

5 Comments


nakano wakana
nakano wakana
Apr 08, 2023

メモになります。

下のメモの追記です。



聖書では人類が最後滅亡して救い主がやってくるという教えになってますが


来ません。


来ないです。


あそこは創作してるところであって

後付です。


で、そんな簡単に来てくれるなんてことありえなくて


神様に背いてる私たちがなんで来てくれるんだろうと


もう、それは、さんざん過去にそういう人たちは来てくれたので

もうこれでだめだってことがわかってるところにはもう来てくださらないので。


あとは行き着くところまで行き着くってことですね。



2011.09.26


神様は今様子を見て・・・・・・・

まあ、様子を見てるんじゃなくて


神様は、人間が自分と全然違う方向に歩いちゃっていて

自分のほうの顔見てくれないので。


ああ、こっちに来ればいいのにと思うんですけど、

人間たちは刺激的なほうが好きなものですから

神様のところに戻らないんですね。


ですから、神様が追放したっていうのはこれは間違っていて


人間が、神様は要らない、と。


やっぱり刺激が大好き、ってことで出ていっちゃったんですよ。


はい。それが正確な答えで、


神様は来てほしいんですけど、

人間がどんどんどんどん離れていった、と。


これが本当の真実です。はい。


ですから・・・・・・・しょうがないんですよ。


Like

太郎 診断
太郎 診断
Mar 26, 2023

今まで神様はとてつもなく遠い存在と思っておりましたが、今回頂いたメッセージを拝見し、いつも神様は近くで見守っていて下さることに気づきました。

特に、神社にいくと、神様が近くで見守っていてくださる感覚になります。

こんなに近くで寄り添っていてくださるからこそ、古来からの日本の風習を大切にし、善行を積み重ねることで、少しでも期待にお応えし、世の中に貢献できればと感じています。


Like

nakano wakana
nakano wakana
Feb 20, 2023

先日訪れたお寺に大黒様がいらっしゃいました✨


頭巾をかぶられ米俵に乗ったグレーの大黒様でした。


お話から、人間のイメージで像ができていったのかなあと、

もっとシンプルなお姿で光り輝いていらっしゃるとしたら

私にもいつか見えたらな、と思ったり🌈

戦争も災害もたいへんな現在、

悲しみや心身傷つく状態がもう終わりますよう、

日本の災害もなるべく小さく済みますように

お祈りしました。

大黒様と一緒に世界中がみんな豊かで平和な世界を作れますように、

お祈りします🌱

メモを残しておきます。



既存の宗教はあらためなければならなくなります。

考え、いわゆる教義、経典の大本となる元の部分が大きく変わります。

そうすると、

人々は今までの信じてきた宗教がいかに違っていたか、

真実と違っていたかを知ることになります。


そのことによってこの時代が大きく変わるわけですけれども


ところが、ただ明らかになるだけでは人間は懲りませんのでその後に浄化、と。


その後というか、もう現在浄化が始まって、起きているわけですけど

更にどんどんどんどん押し寄せるように次から次へと人類に襲い掛かってくるわけです。


で、しかもそれも確実に。


更に誰もがどうしようもないほどもう木を切り倒してしまって


今から二酸化炭素の削減やエネルギーを別のものを考えても無駄です。

なぜならば、何をやってもどうしようもないところまでもう来てしまって

これから科学者がどんなに知恵を絞っても、全部無駄になるんですね。


で、これは本当のことでして


なぜ無駄かと申しますと


手遅れ、もう心停止した人間で

すべての60兆の細胞がもう死滅して、ミイラになって

もう数千年前の死体が目の前にあるようなもので、


もうミイラになっているもの、蘇生なんかできるわけがないんですね。


ですから、地球はもうミイラになっちゃってるんです。


ですからミイラになってるものに

そんな、息を吹き返すなんてことはない。

そんなことは望めません。


ということで、


私たちの地球は潤っていて、

あたかもなにかまだ生きているように見えますが

もう事実上死んでいるんです。


ですから、

これからはその死んでいることがはっきりするだけであって

後戻りできないんです。


ですから、科学がいかに進歩してももう無駄と。


で、それを科学者の、本当に優秀な科学者はわかってるんですが


それを言ってしまうというよりも

そんなこと証明したって・・・

待ってればいいと思ってほっとけばいいと思って言わないだけのことであります。


科学者同士でも、科学者の間でもあの人は勉強不足だと言う人がいて


それはどういう人かといいますと


二酸化炭素は出したってかまわない、

ごみはどんどん分別しなくていいっていう人がいるんですけど


それはおかしくて、


本末転倒でありまして


もう手遅れになっているから何をやっても無駄だと言うならわかるんですけど


なにをやってもそんなのは別に変わりっこないと言う人がいるんですね。


ところが、変わらないということじゃなくてどんどん悪くなるしかないので。


だから、何を燃やしてもいまさら遅いということだったら私納得できるので


結局のところもう新エネルギーが見つかっても、まあ、もう無理と、いうことなんです。


ですから、いくら二酸化炭素の出ない手ごろなエネルギーが発見されても


もうそれは、宇宙からやってくる様々な変化には

もう、地球というこんなまめつぶにもならないような

塵にもならないくらいの大きさの地球が何を考えても無駄と。


この宇宙そのものがこの地球の運命をも左右するので


いまさら・・・・・・・地球規模で考えても非常に難しいところであります。



あんまり、整備なんかしないで、そこから出たほうがいいですけどね。


もうそういうところに住んでる人は。



警告は出しました。もう何年も前に。



あれは後付で勝手に出てきただけで、

あれは解釈なので、

そういうふうになったらいいなという子供じみた壁画と!いうことです。

全部意味がないという

それはむしろ、

いったん終わった後の世界を書いたんじゃないでしょうか。いったん終わった後。

ですから、全員じゃなくて、ごく一部の生活を書いてあると思うんです。

終わった後のこと。



いなくなります。死ぬというより来れなくなるという感じ。



それは、相手の方がすがるような思いで近づいてくる、と。


たとえば、いろいろつぎこむわけじゃないけど

お金がかかりました、

いろいろとお付き合いするのに食事しました、あれもしましたって、お金かかりますよね。

で、最後の最後にすごいひどいこと言われて

まあ別に、この人にかけてきたお金たいしたことないし、って思えればいいんですけど

あの時の食事代だって全部計算したら、たとえば20万も30万もなる、と。

ああ、なんかもったいないことしたなって思うような状況になったら困りますよね。

ですから大富豪の方でしたら、

そんなの、別にお金のうちに入らないって感じだからはい、さよならなんですけど

経済状態が悪いので。

数万円であっても大金ですよ。

向こうは100万円くらいつぎ込んだつもりで近づいてくるんですよ。逆に。

私にそれだけのもの与えたんでしょう?っていう、

たいしたもんじゃないんですよ。

そう思ってるんです。

私のおかげであなたそこまで行けたのにって・・

すみませんね。ご気分害されたら。この年末に。

それです。ずばりそうです。


図々しいです。本当に。

そういう方は自覚認識全くないので。

そう思うのが普通だと思ってますから。


そういう話って、お金持ってる人ってしないですね。お金を持ってる人は。


困らないはずなんですよ。それだけ回せる人だったら。

私はそれだけの実力があって知恵が働くんだったら、詐欺以外はですよ、

住宅ローン2つ目嘘ついて申請したり、そういう悪いこと、ま、俗にいう、詐欺ですよね。

そういう詐欺まがいのことを、金融機関をだますってことだってあるわけですから。

金融上のだましを平気で行える人だったら、そういうパターンはあり得るし

本当にそれだけの実力がある人だったら、お金に困るはずないです。


いつもきゅうきゅうな感じなのかなあと思いました。



で、あと、男を利用したり、

男だったら女性を利用して食べていこうって人、いるじゃないですか。


そういう不純な、誰かから金を引っ張る、と。


こういう人はことごとく恋愛はできないですよ。


で、そういう発想で私に来た人はだいたい全員悪口言いますよ。

だって、そういう出会いなんかないから。


Like

mo to
mo to
Jan 31, 2023

豆まきにそこまでの意味合いがあるとは想っていませんでした。

今年は心を入れ替えて、しっかり撒きます^^)

Like

コロン
コロン
Jan 30, 2023

一つの短編小説のような大黒様と加藤先生とのお話に、本当にあった事なんだなと、一緒に写っているお顔が物語っていますね。 大黒様のふくよかで大らかなお顔に誘われ、思わずこちらも笑みがこぼれました。 早速、節分の準備と春のお花も少し買おうと思っています。 七福神の神様の事も調べてみましたが、日本古来の伝統を忘れてはいけないなと感じ入った次第です。 神様に感謝して「そうだよな。良いことあるかもな(*´▽`*)」とほのかな希望を抱きつつ、荒波、寒波、逆流であったりを乗り越えたいと思っています。   皆様もお元気でお過ごしください。                         加藤先生ありがとうございました<(_ _)>

Like
bottom of page